デレデレの意味は?あなたのデレ度がわかる「デレデレ診断」も紹介

「デレデレしちゃって!」なんてよく言いますが、デレデレって一体、どんな様子のことを言うのでしょうか? 今回は恋愛心理カウンセラーの筆者が、デレデレの意味や、あなたのデレデレ度をご紹介します! ツンデレとは違いますよ!
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:「デレデレ」の意味は?

デレデレ、という言葉と相性の良い(?)フレーズがあります。それは「鼻の下を伸ばす」というもの。「デレデレと鼻の下伸ばすな!」と、言ったり言われたりした経験がある人もいるのではないでしょうか。

デレデレとは、異性や推しなど、自分が素晴らしいと思っているものに出会ったとき、締まりがなく、だらしなくなってしまうことを言います。

相手の言いなりになったり、甘えたりする状態も、デレデレに含まれるでしょう。

似たような言葉で「ツンデレ」という言葉がありますが、これはデレデレとは違います。

ツンデレとは、ふたりでいるときはデレっとしていても、他人が側にいるなどの日常的なときには、好きな相手に対してツンツンとした塩対応をすること。

これに対してデレデレは、ツンとした部分がなく、常にデレデレなのです。

 

2:デレデレ診断!あなたのデレ度がわかるチェックリスト15

あなたの恋人に対する態度はデレデレなのでしょうか? それともツンデレ? いや、もしかすると自覚がないだけでツンツンの部類に入るのかもしれません。

ここからは、その診断をしながら、それぞれのタイプについてご紹介します。

(1)友達よりも彼優先はデレデレ

例えば、友達と約束していた休日に、彼から「急に仕事が空いたから会わない?」とお誘いがあったら、友達との約束はどうしますか?

友達との約束をキャンセルして彼を優先するようなら、デレデレの可能性が高いでしょう。

しかしその代償として、友達と疎遠になる可能性もありますので、お気を付けて。

(2)彼はこの世の誰よりもイケメンだと思うのはデレデレ

正直なところ、顔の好みは人それぞれ。

さらに一般的に見て、世の中には「芸能人」というものがおり、この人たちは、そこらへんの男性よりもはるかに造形的にはイケメンであることは明らかです。

にもかかわらず、「私の彼氏はこの世でいちばんかっこいい!」と断言できる人は、間違いなくデレデレでしょう。

(3)誕生日プレゼントに希望がないのはデレデレ

彼氏からもらうプレゼントに、「あれが欲しい」「これを勝ってほしい」という希望を持っていますか?

「彼がくれるものなら、なんでもいい!」「彼が選んでくれたのなら、それだけで嬉しい!」と思っているのは、デレデレしている証拠です。

(4)彼氏の浮気を疑ったことがないのはデレデレ

彼氏の浮気を疑うほうがデレデレで、彼氏に夢中なのではないかと思われがちですが、実はそうではありません。彼氏の浮気を疑わないほうがデレデレ度は高いのです。

なぜなら、「彼は私に一途に決まっている!」と完全に信頼し切っている状態だから。一度も疑ったことはないというあなた、実際、彼氏が大好きでデレデレではないでしょうか。

(5)他人がいても彼氏とくっつくのはデレデレ

他人の目があると、彼氏とはくっつかずにツンツンしている……。これがツンデレさんの特徴。

これに対して、他人がいようがお構いなしに、彼氏とくっついてラブラブをアピールするのが、デレデレさんの特徴です。

他人の目があっても、彼氏と頭を寄せ合ったり、手を繋ぐことに抵抗感がない……という人は、デレデレタイプでしょう。

(6)他人の目があったら絶対彼氏とはくっつかないのがツンデレ

デレデレタイプとは正反対のツンデレタイプは、他人の目があると彼氏とは絶対にくっついたりはしないでしょう。

そのくせふたりきりになったら、取り返す言わんばかりにくっついてくるのがツンデレです。

(7)彼氏の遅刻に対してお仕置きするのがツンデレ

もしも、彼氏がデートに遅刻したらどうしますか?

デレデレタイプなら、「仕方ないなぁ」と笑って許してあげるかもしれません。ですが、ツンデレタイプは「ツン」の要素を発揮して、しっかりとお仕置きした後に、許してあげるでしょう。

ツンデレ好きな彼氏としては、お仕置きされた後のデレデレタイムが楽しみなのです。

(8)プレゼントはちゃんと用意するのがツンデレ

例えば誕生日のプレゼントや、クリスマスのプレゼントなど……。

事前に「あんたのプレゼントなんてジャガイモで充分よ!」くらいのことを言っておきながら、実際にはきっちりと考えてしっかりプレゼントするのが、ツンデレの思考回路。

ツンデレ派はいろいろと深く考える人が多いのです。

(9)いざというときだけ名前で呼ぶのはツンデレ

デレデレ派は、彼氏のことをほぼ常に下の名前で呼んだり、自分しか使っていないようなニックネーム、あるいは「○○くん」と呼んでいるでしょう。

これに対して、ツンデレ派の通常の呼び名は

「ねえ」「ちょっと」「あんたさあ」

と、まあこんなところでしょうか。

それでいて、ベッドの中などの重要シーンでは急にデレデレ派のような名前呼びを繰り出すので、ツンデレ好きな男子はメロメロになってしまうのです。

(10)背中合わせが好きなのはツンデレ

ふたりきりのおうちデートで、ツンデレ派が好むのは、彼氏と背中合わせでくっつく状態。

なかなか素直に腕をからめたり、頬を寄せたりすることはできませんが、しかし彼氏とはくっつきたい!

そんな気持ちが、彼氏の背中に自分の背中をくっつける、という行為に及ばせるのです。

(11)好意を口にしないのはツンツン

デレデレ、ツンデレの各派閥とは別に、ツンツン派というのも存在しています。

好きな人に対して、なかなかどころか、まったく言葉で愛情を伝えることができないのがツンツンタイプ。

愛情のアリナシがわかりづらいので、恋愛を長続きさせるにはやや不利になる可能性もあります。

(12)触られるのが得意じゃないのはツンツン

デレデレ派は常に彼氏と触れ合いたいと思っているし、ツンデレ派は、誰も見てないなら触れたいと思うことが多いのですが、ツンツン派はふたりきりのときに彼氏から触られても、ふいっと身をそらしてしまうことも。

自分自身のパーソナルスペースの認識が広く、たとえ相手が彼氏でも、自分のテリトリーに侵入された気持ちになってしまうのです。

(13)お礼が言えないのはツンツン

付き合っていれば、いいえ恋人未満の関係であっても、相手に何かをしてもらったり助けてもらうことは、たくさんありますよね。

そこで、本来なら「ありがとう」と言うべきなのに、言葉にすることができないのは、明らかにツンツンタイプです。

言葉にできないとしても、感謝の気持ちは何らかの形にして表すようにしましょう。

(14)使う言葉がきついのはツンツン

ツンツン派の特徴のひとつとして、使う言葉がきつい、ということが挙げられます。

例えば、相手を注意するという行為においても、

「これは○○だからやめて、違うやり方をしてね」

と言うのと、

「なんでそんなことやってんの! こうすりゃいいでしょ。ほんとに使えない人ね」

と言うのとでは、まったく印象が違いますよね。

特に他人の目があると厳しいけれど、他人がいなければ彼氏に甘いツンデレとは違って、ツンツン派女子は他人の目があろうとなかろうと、相手に対してきつい態度を取りがちです。

こうなると、ツンツンされるのが嬉しい……と考える異性は、それほど多くないであろうこともわかってきます。

(15)彼氏いない歴=年齢はツンツンの確率高い?

100%ではありませんが、今までの人生で彼氏がいたことがないという人は、ツンツン派である可能性もあるでしょう。

あるいは彼氏ができるがすぐに別れてしまう……というタイプの人にも、ツンツン派はたくさんいます。

なぜなら、ツンツン派の女性は、好きな相手に対してきつく当りがちだから。

普段はそんなにきつい女性ではなかったのに、お付き合いに発展し、彼氏と彼女の間柄になったことで相手に心を許してしまい、きつい態度を取ってしまうという人もいるでしょう。

 

3:彼がデレデレになる女性のセリフ5つ

(1)もうー!やめてよぅ

男性は、好きな子をからかったり、ちょっといじめたくなる……という習性を持っています。

実際には、いじめているというよりも、彼女の気を引こうとしているだけなのですが、その結果として相手の女性がかわいく怒ると、

「やった! 目標達成!」

と心の中でガッツポーズを決め、デレデレになってしまうでしょう。

(2)ダメでしょっ!

男性がデレデレになってしまう瞬間。

それは、好きな女性に、まるでママに叱られる子どものように、かわいく叱られたとき! 男性はパートナーとなる女性が常識的であってほしいと思っています。

そのうえ、ママのように叱ってくれることには愛情を感じるので、デレデレになるのです。

(3)眠たくなっちゃったな

女性も眠くなっている男性の様子にキュンとすることがあるかと思います。

男性も、眠くなっている様子の女性を見るとキュンとしますが、それがただの大あくびだったりすると絵にならないのが、女性としての難しいところ。

それより、眠たそうな目をしながら言葉で訴えられると、デレデレになってしまうのです。

(4)しょうがないなあ!

デレデレ女子だけではなく、ツンデレ女子も使えるこのセリフ。

ツンツン女子がツンデレ女子に一歩踏み出すときにも、割と使いやすくておすすめです。

「しょうがないなあ!」と言いつつも、自分の要求を飲んでもらえると、男性としては優越感に浸ることができます。

(5)キミだけだからね

キミだけ、あなただけ、○○くんだけ……。

それが本当か嘘かはわかりませんが、そのように言われたら、男性にとってはそれこそが真実!

思わぬ特別感に、

「ええー、オレだけなんだあぁぁぁぁ!」

とたちまちデレデレになるでしょう。

 

4:デレデレを意味する顔文字

(1)・:*:・(*/////∇/////*)・:*:・

大変、横に長いですが、その分デレデレしている様子がよく伝わる顔文字です。

デレデレというのはそもそも、締まりがなくデレている状態ですから、横伸びしているこの顔文字もあながちハズレとは言えないでしょう。

(2)(@ ̄ρ ̄@)

デレデレ度をよく表す顔文字として、ヨダレが出ている様子もぴったりなのかもしれません。

デレーっとすると、口元が開いて、ヨダレが出ているのではないか!? と思うようなことも多々あるものですよね。

(3)――――(p〃д〃q)――――

こちらも、キュンキュンしていることがよく伝わる顔文字です。

やはり口元がデレっと開いている様子が伝わりますね。

 

5:デレデレも愛のためには必要

自分はデレデレなのか、ツンデレなのか、あるいはツンツンなのか……診断によって、意外な自分の本性がわかってしまった女子もいるかもしれません。

ツンデレ、ツンツン女子にとっては、デレデレの難易度はやや高いものです。

しかし、デレデレの期間がなければ、相手に自分の愛を表現できない、愛されているのかどうか、相手を不安にさせてしまうという一面もあるでしょう。

まだデレデレ期間を過ごしたことのない方は、ぜひ一度、彼氏との間にデレデレ週間を設けてみてはいかがでしょうか。