シングルパパは大変!シングルパパと再婚を考えるとき知っておくべきこと

最近では父親が子どもを引き取って育てる「シングルパパ」も増えています。シングルファザーじゃないの?なんて声が聞こえてきそうですが、「シンママ」との対比もあるし、とっつきにくさを無くすために、あえてシングル「パパ」とここでは呼んでいきます。今回はそんなシングルパパたちの日常や悩み、そして再婚について紹介していきます!
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:シングルパパは大変です

育児は母親の仕事。今でこそ、その考え方は少しずつ変わってきましたが、まだまだ日本では、その根深く残っています。しかし世間では、育児と仕事を両立して、毎日忙しく過ごすシングルパパがいるんです。

女性に対するそういった凝り固まった考え方ががあるように、「男性なら、仕事に全力に取り組むべし」といった考えも根強く、会社を休むことや早退をするなんてことも容易ではありません。だけど、子育てをしていれば、子どもの体調不良でお迎えに行かなくてはいけなかったり、病院探しに四苦八苦してしまったり、なんていうことが当たり前にあります。

とにかく子育てと家のこと、そして仕事と、目まぐるしい毎日に追われているのは、シングルパパでもシングルママでも同じ。その大変さは、端から見ている以上のものがあるでしょう。

 

2:シングルパパは子どもの小中学受験も大変…シングルパパおすすめブログ7選

子どもが大きくなってくれば、考えなくてはいけないのが進学について。特にシングルの家庭では、そもそも受験が可能かどうかや、子どもにとってのベストな進路とシングルゆえの現実との葛藤など、さまざまな思いや感情が渦巻きます。

ここでは、受験を経験したシングルパパたちのブログをはじめ、日常の子育てについて綴ったシングルパパたちのブログをご紹介していきます!

(1)シングルファザー中高ダブル受験奮戦記

ふたりの娘さんを育てているシングルパパのブログ。

中学受験や高校・大学受験についても、そのとき感じたことや起こったことを記しています。塾での成績や三者面談についてのことなど、とても濃く書かれているため、シングルパパの受験にはとても参考になるブログです。

(2)【シングルパパ熱意上げ郎の泣き笑い子育て奮闘記】

男手ひとつで3人の娘さんを育てているという、とってもパワフルなパパさんのブログ! こちらの方は、福岡県飯塚市の父子家庭・母子家庭の支援福祉団体である「飯塚市母子寡婦福祉会」の母子・父子部長を務めるなど、ひとり親世帯の暮らしを助ける活動や、困ったときには協力していこう、と呼びかける活動をしています。

ブログの内容も読みやすく、男性のブログにしては顔文字が多めで親しみやすい内容。子どもたちの受験に対する親心も、赤裸々に綴られています。

(3)父子家庭の育児記録/シングルファザーのつぶやき記録/シンパパ復活劇

こちらも、娘さんふたりの育児に奮闘しているシングルパパのブログ。上の娘さんの中学受験に関する悩みや、反抗期を迎えた下の娘さんとの日々が綴られています。

毎日更新というブログではないので、過去から最新記事まで遡ってみると、得られる知識は多いかもしれません。

(4)ぼくシングルファザー。いろいろかいてみた。(シングルファザーの発達障害児育児奮闘記)

息子さんの発達障害と向き合いながら、育児や仕事に奮闘するパパさんのブログです。発達障害についてリアルに感じたことや、自分の再婚についての考えなどを、まっすぐに語ってくれています。

発達障害とは何なのか、ということや、周りからどう見えているのかについても触れられているので、大変勉強になるブログだと言えます。

(5)シンパパのにちじょう

4歳と6歳の息子さんがいるこちらのパパさんは、仕事も育児も一生懸命! 子どもたちとの写真もブログにアップしていて、仲が良いのが見てわかります。

子どもたちがパパの家事を支える姿なども健気でとても心を打たれます。元パートナーとの面談に関する複雑な心境なども綴っているので、同じ悩みがある……なんていう人には心に刺さること間違いないでしょう。

(6)シングルパパの生きる道

娘さんが11か月のときにシングルパパに。こちらのブログでは、離婚に至る状況から仕事と家事の両立の難しさ、頼れる親族が周りにいないことでワンオペレーション育児が当たり前になってしまっていることなど、自分の日常を包み隠さずブログで公開してくれています。

同じ境遇の人へのアドバイスや励ましになればという気持ちも込めて綴っているとプロフィールでも紹介されているので、思い当たるところがある人は、ぜひ一度読んでみてはいかがでしょうか。

(7)おとんメディア

ふたりの息子さんを育てる日常を綴りながら、なぜ自分が離婚に至ってしまったのかについても考えているところが印象的なブログ。また、子どもに対する向き合い方や、仕事を辞めてブロガーを始めたことについても書かれています。ちなみに現在は3年のシングルパパ生活を経て、再婚をされたそう。

シングルパパ経験もあり、さらに再婚の経験もあるこちらのブログは、これから再婚をしたいと考えている人にとっては、勉強になる部分も多いかもしれませんね。

今の状況を悲観せず、さらに子どもたちが自分の進む道を選べるように見守っているシングルパパの気持ちがよくわかります。

 

3:シングルパパと再婚する前に考えるべきこと7つ

付き合っている彼がシングルパパで……。そのような女性もいるはず。彼や子どもたちのことを大切にしたいけれど、子どもたちは自分のことをどう考えているんだろう……と、気になることがたくさんあることでしょう。ここでは、考えなければいけないことをチェックしていきましょう!

(1)自分が他人の子どもの親になる覚悟があるかどうか

子どもたちも懐いてくれているし、私も可愛がる自信がある。そう思っていてもそれは断片的にしかみていない子どもの一面かもしれません。一緒に生活するとなれば、当然手を焼かれることや、彼らの困ったところも見ることになります。

そうなったとき、感情的にならずにいられますか? 愛しいと感じていても、どこかで「私が産んだ子ではないから」という気持ちが少なからずあるかもしれません。

もし再婚を考えるのなら、子どもたちがどのような性格で、どんな特徴があるのかを、パパである彼と一緒に、時間をかけて接していき、じっくり向き合うことが必要です。

(2)シングルパパは「独り身の寂しさと焦り」を感じている

シングルパパたちは、子どもたちの手前、いくら明るく振舞っていても、やっぱり心の中では”女性に癒されたい”という気持ちがあるもの。結婚して支えてあげたいとこちらが思っていても、相手が自らの状況を考慮して、結婚に踏み出すことを躊躇してしまう場合もあります。

このようなときには関係を焦るのではなく、ゆっくりと距離を縮めていくのがベスト。悩みを聞いてあげたり、息抜きに付き合ったりするところから始めれば、彼も自然と心の内を話してくれるかもしれません。

(3)相手の状況を冷静に把握する

シングルパパたちも、子どもたちや自分にとって母親がいるほうがいいと考えています。ですが、子どものために、育児に融通が利く職場に転職していたり、それによって収入が前よりかなり減っていたり……というのもよくあること。結果、今の自分たちの生活を支えていくだけで必死だったりするものです。

正直、再婚に向けたさまざまなアクションや生活設計についても、思い通りにはいかないことも多いでしょう。

再婚を考えていても、焦らず相手のペースに合わせられる女性こそ、再婚相手にふさわしいのだと理解しておきましょう。

(4)子どもたちの精神衛生が第一優先

母親が不在でお父さんと生活をし、絆を作ってきた子どもたちにとって、新しいパートナー候補の存在というのは嬉しい反面、「お父さんをとられてしまうかも……」と不安に感じる対象にもなることを覚えておく必要があります。

だからこそ、子どもたちの複雑な気持ちをいちばんに考えてあげましょう。信頼関係というのはすぐに築けるものではありません。ゆっくり時間をかけて子どもたちとの関係性を作っていく必要があるのです。

(5)離婚理由をきちんと確認しておく

どうしてシングルパパになったのか……デリケートな問題なので聞きづらいと思ってしまいますよね。シングルになった理由が離婚であれば、どのような原因で離婚をしたのかというのを知っておくのは大切なことです。

父親が親権をとり自分で育てるというのは、それなりの理由がある場合も多いもの。なので、ふたりの未来のためにも、その経緯はちゃんと把握をしておきましょう。

(6)自分の実親にも相談し、認めてもらうこと

シングルパパと再婚について、自分は良いと思っていても、あなたの実親がどう思うかはまた別の問題です。ましてあなたが初婚であれば、親は「どうして子どもがいる人を相手に選んだの?」と、娘と血のつながらない子どもが家族になることに戸惑ってしまうことも多いでしょう。

再婚をする場合は、自分の親にはしっかりと説明をして、理解してもらいましょう。それによって今後の育児への協力なども変わってきます。

(7)金銭管理についてはパートナーとしっかり話し合おう

シングルパパの中には、前のパートナーに金銭的な負担をしいられたなんて人もいます。なので、一緒に生活をする前に、必ず金銭管理の確認をするようにしましょう。

例えば共働きになる場合、あなたの収入をどれくらい家庭に入れるかや生活費は彼のほうから受け取れるのかなど、しっかりと話し合いをしておくのが大切です。

ひとくちに再婚と言っても、お互いの生活環境の違いや親族との関係性も変わってきます。なのでトントン拍子に進めるのはなかなか難しいケースが多く見受けられます。しかし、時間がかかることは当たり前! そう思って慎重に話し合い決めていくのが、成功の秘訣といえます。

 

4:シングルパパは頑張ってる!

シングルパパは仕事や子どもたちのことで恋愛から自然と遠ざかってしまうこともあり、なかなかいい出会いには恵まれないよう。しかも再婚するとなればお互いのことだけではなく、子どもたちの気持ちも考えながら進めていかなければいけないので、時間をかける必要もあります。

でも子どもに対して真摯に向き合うパパたちの姿はとても素敵で輝いて見えるはず! パパたちの奮闘や思いを紹介したブログを読んで、シングルパパたちの努力を知ることは、大切なことなのかもしれません。

 

【参考】

シングルファザー中高ダブル受験奮戦記

【シングルパパ熱意上げ郎の泣き笑い子育て奮闘記】

父子家庭の育児記録/シングルファザーのつぶやき記録/シンパパ復活劇

シンパパのにちじょう

ぼくシングルファザー。いろいろかいてみた。(シングルファザーの発達障害児育児奮闘記)

おとんメディア

シングルパパの生きる道