この性格を改善したい!変わりたい性格診断と具体的な改善方法

恋愛がなかなかうまくいかない……と悩んでいるときは、性格を改善すると生活がガラリと変化し、恋愛も急にうまくいくようになることがあります。かといって自分がどう変わったほうが良いのかと悩むこともありますよね。今回は恋愛心理カウンセラーの筆者が、性格診断と、性格を変える方法をお伝えします!
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:性格を改善すると恋愛もうまくいく?

性格を改善すると、恋愛もうまくいき始めることがあります。というよりも、恋愛がどうにもこうにもうまくいかないというときは、性格に問題があることが多い、と言うべきかもしれません。

かといって、たいていの人は、「自分の性格のどこがいけないのかわからない」というのが素直な気持ちではないでしょうか。

そんな人のために、性格別の改善ポイントをまとめてみました。

 

2:こんな性格はこう改善しよう!具体的な方法7つ

(1)考えすぎてしまう性格

ものごとをじっくり考えるのは、悪いことではありません。しかし、考えすぎはいけません。

考えすぎる性格のせいで、いつまでもクヨクヨ、ウジウジとしていて、先に進めないこともあるでしょう。

この性格を変えるには、ものごとを全体で見るようにすること。

全体が見通せるようになれば、「あれもこれもあるのに、ここにいつまでも留まっていられない!」と思えるでしょう。

(2)完璧主義な性格

完璧主義も悪いことではありません。しかし、完璧主義すぎて、いつまでも頼まれたことを終わらせられないとか、人に完璧主義を押し付けるといったことになると、ただの迷惑な人です。

人に迷惑をかけないシーンでは、いくらでも完璧主義を貫いてOKですが、他人がかかわることに対しては、不本意でも80%の完成度で納得する柔軟さをもち、他人にも完璧さを求めないことです。

(3)ネガティブな性格

ネガティブさんは、男女ともに「付き合いたくない相手」と思われがちです。ネガティブさんに付き合っていると、こっちまでネガティブになって運が悪くなってしまいそうですかから。

実際、ネガティブな考え方をしても、あまり得をすることはありません。損得勘定を身に付け、ポジティブとどちらがお得かを考えると、自然とネガティブから抜け出せるかも。

(4)束縛したい性格

束縛したい性格は、自分に自信がなく、相手に構ってもらうことによって自分の存在意義を自覚するタイプの人に多いです。人から構ってもらえなくても自信が持てるよう、自分の仕事や趣味に打ち込んでみましょう。

(5)マザコンな性格

マザコンというのは、話の端々に母親が登場する人のことだけではありません。自分では家事などができないのに、相手にそれを押し付けたり、パートナーにいろいろなことをやってもらって当然と思っている性格もマザコン性格です。

マザコンタイプの人は、恋人、ないし恋人候補は自分の母親ではないことを自覚し、他人を頼らないように気をつけると、少しずつ自立心が生まれ、歪んだ性格が修正されていくでしょう。

(6)お金にルーズな性格

お金のルーズさは、生まれてからその年齢になるまで少しずつクセつけられたもの。なので、ほかの性格に比べ、直すのがけっこうやっかいです。

しかし、お金にルーズな性格は、信用を失いやすいため、なんとしてでも直したいところ。

まずは、お金の貸し借りをしないこと。そして、最低限、自分の生活は自分のお金だけでまかなうようにします。

また、少しずつで良いので、毎月決まったが額の貯蓄を始めることも大切です。お金に対してシビアな学びを始めましょう。

(7)楽天的すぎる性格

世の中には、ネガティブすぎる人や、完璧すぎる人もいますが、反面、楽天的すぎる性格の人もいます。

これもまた、特に恋人としては、付き合いにくいと思われてしまうことがよくあるので、注意が必要でしょう。

楽天的すぎる人は、何か大きな問題などが起こっても、「まあ、なんとかなるよ」などと発言しがち。本当になんとかなる場合はいいのですが、なんとかならない場合はお調子者、信用ならない、頼りにならない、と思われます。

楽天的なことを口に出すときは、常に見通しが立つかどうかを考えましょう。

 

3:性格改善のためのカウンセリングもあります

心理カウンセリングの一種として、性格を改善するためのカウンセリングといったものも存在しています。

これは、その性格を形成しているものが何なのかを見極め、根本から改善していくカウンセリングです。

人の性格は、生まれたときにもともと持ち合わせている……という説もありますが、生まれたときの性質だけをそのまま持ち続ける人はごく一部です。

むしろ、幼児期にどのような育ち方をしたのか、どのような環境下で育ったのか……といったようなことが性格を大きく左右しやすいことは、みなさん実感したことがあるのではないでしょうか。

性格改善のカウンセリングでは、幼少期からの性格を形成した要因を見つけ出し、こうしなければいけないという固定観念、こうしてはいけないというブロックなどを壊していきます。

 

4:改善しようとすることが大事!

性格はなかなか変えられるものではありません。だからといって、変えることを諦めてしまっては、絶対に変化することはないでしょう。

少しずつでも、一歩ずつでも、変えたいと思ったものは変えようと試してみることが大切になるのです。

もし、自分の性格に「難あり」と感じているのなら、「自分は、これでいいんだ!」と開き直るのではなく、「どうせ変えられないさ……」と卑屈になるのでもなく、改善を試みてください。

少しずついろいろなことを試していけば、人は少しずつ変わっていき、そして、ある日突然、嬉しい出会いが訪れます。そのとき、変化した自分に気づくはずですよ。