「イケメンが怖い」って何があった!?イケメンが苦手な人の心理と克服法

女性は大体イケメンが好き……と思いますよね? でも中には「イケメンが怖い」と言う人もいるのが現実です。そんなイケメンを苦手とする人の背景には、一体何があるのでしょうか? 今回はその心理について、恋愛心理カウンセラーの筆者が紐解きます。イケメンが怖いけど、イケメンともっと仲良くなりたい……そんなあなたも必見です。
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:「イケメンが怖い!」という女子は意外に多い!?

女性であれば誰でも「イケメンがとにかく好き」「なるべくならばイケメンに側にいてほしい」と思うのではないか、と思いますよね。

でも、イケメンに対して恐怖感や苦手意識を感じる女性は、実は意外と多いものです。一体どうしてイケメンが苦手になってしまったのでしょうか? 過去にイケメンと何かあったのでしょうか?

今回、そのあたりの心理を深掘りしてみます。

 

2:「イケメンは怖い」と言う女子の心理と理由5つ

まずはイケメンが苦手な女性の心理をのぞいてみましょう。

(1)緊張してしまう

いちばん多いのが、イケメンと一緒にいると緊張してしまうという心理です。相手の男性がカッコ良すぎて、自分の言動が挙動不審になっている……そう自覚できてしまうほどなので、苦手意識が芽生えてしまうのです。

実際にイケメンと話していると、緊張のあまり、声もしぐさも気持ち悪い感じになってしまうという女性は少なくありません。

(2)自分の容姿にコンプレックスを感じる

隣のイケメンと比較して、自分の容姿が劣っている……とコンプレックスを感じる人もいます。

「我ながら劣っている」と思う人、「他の人から見て劣っていると思われているんだろうなぁ」と考える人、あるいは「ニコニコ話しているけど、実は心の中で私のことをブスだって思ってるんだろうな」と考える人など、受け取り方はさまざまですが、一様にネガティブです。

(3)一緒にいると疲れる

上記でご紹介した理由も交えて、イケメンと一緒にいると疲れるから苦手……という心理を持っている人も多いです。

ときには、イケメンと話をしていると周囲の女性の目線が痛いという理由で、イケメンに対して苦手意識をもつ人もいます。

(4)遊び人だと思えてしまう

「イケメン=遊び人」と感じてしまい、自動的に嫌悪感をもってしまう女性も少なからずいます。

こうした女性はたいてい、過去に自分自身がイケメンに遊ばれてしまったり、身近な人、例えば友達の彼氏などに二股をかけているイケメンがいた!ということを経験をしているもの。

ただし、この「イケメン=遊び人」という図式は、必ずしも成立するものではありません。遊び人だと決めつけてかかるのはもったいないでしょう。

(5)性格が悪いような気がする

遊んでいるかどうかに限らず、イケメンを見ると性格が悪いに決まっている!という気がして、苦手だという人もたくさんいます。

この場合の性格の悪さというのは、陰で女性の容姿をけなしたり、ナルシストで自分大好きだったり……といったことのようです。

これも実際は、イケメンだからといって必ずしも性格が悪いということにはなりません。

むしろ、イケメン男子には性格が悪い人は少ないという説もあります。幼少期からイケメンだったケースでは、周囲の人から温かい目で見られているせいではないか……?と推測している人もいるようです。

 

 

3:イケメンは怖いけどカッコいい…イケメンへの苦手意識を克服する方法3つ

では次に、イケメンの苦手意識をなくす方法はあるのでしょうか? ここでは3つの方法を紹介します。

(1)自分自身がまずキレイに装う

まずは自分がきちんとメイクをしたり、キレイに装うことが重要です。

女性に多いのが、「私は顔が良くないから、何をやっても無理」と言って、服もメイクも努力をしていない人。

しかし結婚式場に潜入してみるとわかりますが、花嫁は100%の確率できれいです。つまりしっかりと服とメイクを装い、ボディメンテナンスを行えば、みんなキレイになれるんです!

手抜きのメイクと綿パンで毎日過ごしているなら、今が変わりどきかも。

(2)見た目に慣れる

美人は飽きる、という言葉もありますが、イケメンもある程度は見慣れるものです。

例えば芸能人の画像や映像を毎日見るようにしたり、これまで目を逸らしてきた身近なイケメンを、毎日よ~く見るようにしてみましょう。

会話をするときには、相手をしっかり見つめるようにするのがおすすめです。同様のイメージトレーニングも行うと良いですね。いつしか慣れてしまって緊張しなくなるかも!

(3)中身を見るように心がける

正直、「イケメンが怖い!」というのは、つまり「私は人のことを容姿で判断しています!」と断言するのと同じ。それは決して褒められたことではない……というのは、理性で考えればわかりますよね。

イケメンもひとりの人間。もし目の前の人がフツメンだったら……くらいのことは想定し、容姿ではなく中身で相手を見るようにしてみましょう。

少なくとも、「イケメンだから性格が悪いだろう」「こちらのことをバカにしているに決まっている」などといった失礼な見方はせずに済むようになります。

 

4:イケメンにもいろいろ…

自分がイケメンであることを鼻にかけ、女性をだますような人も、確かにいるかもしれません。

しかしイケメンだというだけで、そのような相手だと決めつけられるものではないことは事実です。性格の良さが顔に出ている人だっているし、逆にブサメンならば総じて性格がいいのか?と言われればそうではないはず。

イケメンという色眼鏡で見るのではなく、その人の本質を見るように心がけましょう。また同時に、女性としても、不必要な劣等感で相手に応対せずに済むよう、自分磨きを怠らないようにしましょう。