彼氏に冷められた…!? 冷められたと感じる彼氏の言動と復活させる方法

付き合った当初はいつも仲良しで、毎日のように電話していたのに、次第に彼氏の様子が変わってきた……。「もしかして、彼氏に冷められた?」なんて考え始めてしまうと、とても不安ですよね。そこで今回は、冷められていると感じてしまう彼氏の言動と、冷められてしまったときの対処法をご紹介します。
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:彼氏に冷められたかも…

どんなカップルでも、付き合ったころはとってもラブラブでしょう。でも、付き合い始めてから3か月あたりで訪れると言われている「倦怠期」を迎えるあたりから、なんとなく距離を感じることも増えていきます。

ただ、倦怠期を過ぎれば、また以前のようなラブラブのふたりに戻ることも多いでしょう。しかし、いつまでたっても彼との距離を感じるのであれば、それは愛情が冷めてしまっているのかもしれません……。

 

2:彼氏に冷められた!?女子が冷められたと思う彼氏の言動5つ

ここからはまず、「彼氏が」冷めてしまったかなと女子が感じるサインを見ていきましょう。

(1)返信の頻度が大きく減る

「毎日、寝る直前までやりとりしていたのに、今では1日に1回、返信があるかないか程度……」という場合、ひょっとしたら、彼の気持ちが冷め始めているかもしれません。

もし、「仕事が繁忙期で忙しい」といった特別な理由があれば話は別ですが、そうでなければ、なんらかの気持ちの変化があったと考えられるでしょう。

(2)返信が適当

「人に話を聞いてもらいたい」という気持ちは、多くの女性に共通していることでしょう。それに、誰でもいいわけではなく、やっぱり彼氏にたくさん話を聞いてもらいたいと思いますよね。

付き合いたてのころは「うんうん、その気持ち、よくわかるよ。大変だったね」というように、真剣に話を聞いて共感してくれたのに、「へー」とか「そうなんだー」といった返信だけしかしてくれなくなったら……それは「あれ、冷めちゃったのかな」なんて考えてしまいますよね。

(3)デートをドタキャンする

当日になって、デートの約束をキャンセル。すごくショックですよね。ちゃんと申し訳なさそうに断ってくれるのであればまだマシですが、いかにもとってつけたような、適当なメッセージ1通だけでキャンセルされたら、ヘコんじゃいますよね……。

(4)友達ばかり優先されてしまう

誰しも一度や二度くらいは、恋人より友達と遊ぶのを優先することはあるでしょう。友達との時間も大切ですし、恋人と過ごす時間とは違った楽しさがあります。

しかし、何回デートに誘っても、「その日は友達と飲みに行くから」とか、「〇日はだめだー。大学の友達とドライブ行くんだ」なんて言われると、ちょっと寂しいですよね。

また、もともとデートの予定が入っていた日に、「ごめん、その日なんだけど、やっぱりナシでいい? 友達とバーベキューに誘われちゃって……」というように、あとから入った友達との予定を優先されてることも。そうなると、「もしかして自分は、もう大切に思われていないのかな」なんて思っちゃいますよね……。

(5)電話に出ない

付き合った当初は毎日のように電話をしていたのに、最近はほとんど電話をしてくれない彼氏。「明日、朝早いから無理」とか「今、会社の飲み会だから」といった理由で電話を拒むのは、冷められている証拠かも。

さらに、「今日は無理だけど、明日の夜はどう?」とか「ごめん。今、飲み会なんだ。21時ごろに家着くから、そのくらいの時間に折り返すね」といった提案がなければ、ちょっと面倒くさいと思われているかもしれません。

 

3:冷めた彼氏の気持ちを復活させる方法5つ

(1)距離をおいてみる

 

「彼氏に冷められたかもしれない」と思ったとき、ついつい反応を求めてLINEをたくさん送ったり電話をかけたりしたくなりますが、かえってそれは逆効果かも。

ぐっと気持ちをおさえて、あえて距離をおいてみましょう。具体的には、連絡頻度と会う回数を減らして、一度関係について考える時間を作ってあげるといいかもしれません。

(2)彼氏の言動から分析する

「彼氏が冷めている原因は何か?」「彼氏は今、どのくらいの距離感で付き合うのを望んでいるか?」などについて、彼氏の言動から分析してみましょう。

自分との接し方や距離感を客観的に見ることで、状況を改善できるようなポイントが見つかるかもしれません。

(3)自分磨きをする

相手の気持ちや考えを変えるのって、とても大変です。でも自分を変えることは、比較的すぐできますよね。

ファッションを変えてみたり、ダイエットをしてみたり、お料理の勉強をしてみたり……自分を磨いておきましょう。次に会ったとき、彼氏が変化に気づいて、「あれ、こんな素敵な女の子だったっけ!?」と、好きな気持ちを思い出してくれるかもしれません。

(4)いつもとは違ったデートを提案してみる

もしかしたら彼氏は、マンネリ化したデートに飽きているのかもしれません。普段のデートがインドアばかりであれば、早起きしてアウトドアなデートに誘うなど、普段と違ったデートに誘ってみましょう。

また、いつもより少し遠出をしてみるのも面白いかもしれません。

(5)ふたりの思い出の場所に行ってみる

付き合う前に初めてデートした場所や、彼氏に告白された場所など、ふたりにとって思い出の場所に行ってみるのもいいかもしれません。

ふたりが付き合った当初の気持ちを思い出すことができ、過去に彼女がしてくれて嬉しかったことを振り返って、「最近、俺、付き合ってることに慣れて冷たくしちゃっていたよな……」というように、自省してくれるかもしれません。

 

4:彼氏に冷められたら、そのあとの行動が大事

人間だれしも、時間がたてば気持ちが変わっていくものです。付き合ったばかりのころはラブラブでも、時間とともに気持ちが落ち着いてしまい、ときには冷たくなってしまうこともあるでしょう。

そのような気持ちの変化が起きているとき、どんな行動を起こせばいいのかが肝心です。慌てず冷静に、感情的にならないよう心がけましょう。