トロフィーワイフって?トロフィーワイフ症候群になりやすい男性心理

トロフィーワイフとは、ビジネスなどで成功を収めた男性が、名誉や社会的な地位などと同様に、配偶者選びに関しても羨望を集めたがり、優勝トロフィーのようにピカピカと輝く完璧な女性を求めた結果、手にした妻のこと。そこで今回は、トロフィーワイフたちの特徴と、トロフィーワイフ症候群に陥りやすい男性心理、さらには離婚リスクについてまでご紹介します。
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:トロフィーワイフとは?

「トロフィーワイフ」とは、ズバリ「トロフィー」のような「ワイフ(妻)」をさす言葉。仕事や投資などで成功を収めた男性が、周囲が羨むような若くて美しい妻をもらったときなどに用いられます。

ここでいう成功者とは、『バチェラー』シリーズに出てくるようなイケメンのハイスペ男子ではなく、どちらかというと「見た目はイマイチだけど金や地位はすごい」といった場合が多く、そういった人が、自分とは不釣り合いな若い妻や美人妻を手に入れたケースで使われることが多いでしょう。

 

2:トロフィーワイフの特徴5つ

そこでさっそくですが、まずは「トロフィーワイフ」になる女性の特徴を5つご紹介します。

(1)夫よりもかなり若い

周囲から「トロフィーワイフ」と呼ばれる女性たちは、夫とかなりの年の差婚をしていることが多いでしょう。

夫よりひと回り、さらに20〜30歳年下の妻になると、その若さを理由に「トロフィーワイフ」として周囲から認識されやすい傾向にあります。

(2)夫と不釣り合いなほどに美人

トロフィーワイフと呼ばれる妻は、夫とは釣り合いが取れていないほど美人なケースがほとんどです。

見た目がイマイチにもかかわらず、美人と結婚できるのも、経済力や社会的地位があるから……。わかりやすく周囲からそう思われやすい傾向にあります。

(3)知性・教養がある

成功を収めた夫のよきサポート役となるだけの教養をもっているのも、トロフィーワイフの特徴のひとつです。

夫と公の場に出る機会も多いため、教養がない女性では「トロフィー」のように光り輝く存在にはなれないといえるでしょう。ただ見た目がよくて頭はカラッポという人ではダメなのです。

(4)計算能力が高い

教養があるだけでなく、知恵が働き賢いのもトロフィーワイフの特徴のひとつです。

仕事や投資で成功をおさめた男性の資産や、夫が経営する会社などを切り盛りするだけの手腕がある女性もめずらありません。またそれだけでなく、自分がその男と結婚することでどんなメリットがあるのかを、冷静に判断できるのです。

(5)恋をすると周囲が見えなくなる

周囲から「いくら金や権力があるといっても、そんなおっさんと……」と呆れられても、相手から好きだと言われたらコロリといき、どんどん相手を好きになってハマっていけるというタイプも、トロフィーワイフには多いです。

彼のことを尊敬し、周囲からどのように思われているかといったところに考えが及ばなくなり、頭の中がお花畑になってしまう……。

本人が幸せなら、それもまたよしです。

 

3:トロフィーワイフ症候群かも!? トロフィーワイフを欲しがる男性心理5つ

トロフィーワイフ症候群とは、上述したような、若くて見た目も中身もパーフェクトな女性を求めてやまない男性心理のこと。そこで、そんなトロフィーワイフを欲しがる男性の心理とは、どういったものなのでしょう。ここでは、典型的なものを5選紹介します。

(1)いい歳して独身なのがコンプレックス

トロフィーワイフを欲しがる男性には、いい歳して独身であることをコンプレックスに感じている人も多い傾向です。

「この歳まで独身でいる自分が恥ずかしい。今さら結婚するなら、周りに自慢できる女を射止めないと……」という焦りの気持ちから、トロフィーワイフを求めるのです。

(2)負けず嫌い

負けず嫌いな男性も、トロフィーワイフを求めがちです。

周りにいる仲間よりもレベルの高い女性と結婚することにより、勝った気分を味わいたいという心理が関係しています。

(3)プライドが高い

やけにプライドが高い男も、周囲からの称賛を集めたいがためだけに、トロフィーワイフを欲しがる傾向にあります。

こういった男性は、誰かに「若くてきれいな奥さんですね」と褒められるだけで、嬉しくて鼻の穴がフンっと膨らみます。

(4)見栄っ張り

身の丈をわきまえず、常に見栄を張っていないと気が済まない男性も、自分の虚栄心を満たす存在として、トロフィーワイフを欲しがります。

このケースでは、妻は愛情を注ぐ対象ではなく、自分の見栄を満たしてくれるだけの対象となりがち。そのため、夫の見栄にいちいち付き合わされるトロフィーワイフも多くなります。

(5)注目を集めたい

常に誰かの注目を集めていないと気が済まない目立ちたがり屋な男性も、トロフィーワイフを欲しがりやすいです。

たとえどんなに自分がちっぽけでも、若く美しい妻が同行してくれるだけで周囲の注目を浴びることができるので、自尊心が満たされるというわけです。

 

4:トロフィーワイフとの離婚リスクは?

トロフィーワイフとの離婚リスクは、比較的大きいと言わざるをえません。

と言うのも、トロフィーワイフとの結婚は年齢差や見た目の格差など、ギャップを伴うことが多く、ふたりの間には、常にそのギャップを埋める努力が必要になります。

さらには、トロフィーワイフを欲しがる男性には、上記でご紹介したような、相手に対して愛情よりももっと別のものを求める心理が隠されていることも多く、平たく言えば、性格に難ありな男性も珍しくないのです。

よって、一般的な結婚生活よりも離婚へのリスクは大きいと考えられるでしょう。

 

5:トロフィーワイフになってもいいことばかりじゃない

トロフィーワイフと聞くと、人生の勝ち組である男性のトロフィーとして存在する妻というイメージから、いいことづくしな印象も強いかもしれません。

しかし実態としては、周囲から色眼鏡で見られたり、夫婦間でのジェネレーションギャップや擦れ違いに悩んだりといった話も散見されます。

トロフィーワイフになったからと言って、すべていいことばかりではないのが実情といえるでしょう。