カワイイは作れる?メイクや表情・仕草で…カワイイの作り方10個

「カワイイは作れる」というCMのキャッチフレーズを覚えていますでしょうか? 「かわいいかどうかなんて、生まれつきでしょ」「本当に作れるの?」と疑問に思う人もいるかと思います。でもメイクや表情・仕草でカワイイは人工的に作れてしまうことも事実なんです。そこで今回は、カワイイを作るための、具体的な方法をご紹介します。
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:カワイイは作れるのCMってなんだっけ?

「カワイイは作れる」のキャッチフレーズは覚えているものの、何のCMで使われていたのものかと聞かれると、悩んでしまいませんか? 筆者は「化粧品のCMだったかな?」と思っていたのですが、正解はシャンプーのCMでした!

2006年ごろに流れていた花王「エッセンシャル」のCM。佐々木希さんや中川翔子さん、南海キャンディーズのしずちゃんも出演していて、話題になりましたよね! この「カワイイは作れる」というコピーは、とてもインパクトがあって、当時から注目されていましたが、今聞いても女性の心をつかんで離さない言葉ですね。

 

2:カワイイをヘアやメイクで作るには?ポイント6つ

では、具体的にカワイイを作るにはどうすればいいのでしょうか。まずはヘアやメイクでの作り方をご紹介します。

(1)ゆるふわ巻き

カワイイヘアスタイルの定番のひとつ、ゆるふわ巻き。女の子らしい抜け感のあるこのスタイルは、どんな女の子でもかわいく見せてくれます。

カワイイを作り出すポイントは、カールをつけすぎないこと。巻きが強くなりすぎて、イマイチゆるふわにできないという人は、太めのヘアアイロンで量を多めにとって巻く、毛先は3cmくらい残す、アイロンの温度を低めに設定するなどのテクニックを意識してして。また、マジックカーラーを使うのも、簡単にゆるく巻けるのでオススメです。

(2)シースルー前髪

前髪がありかなしかでも、印象はだいぶ変わってきます。かわいく見せたいという人は前髪を作るのがいいでしょう。今であれば、重めの前髪ではなくろ韓国アイドルにも人気のおでこが見え隠れする薄めの前髪、「シースルーバング」がオススメです。

(3)小顔メイク

メイクじゃ顔の大きさは変えられない? そんなことはありません。ハイライトとシェーディングをうまく使えば、小顔も可能! ハイライトはTゾーンや顔の中心など、高く見せたいところにつけ、シェーディングはフェイスラインや、おでこの生え際などに使います。

すると顔に立体感が生まれ、カワイイにマストな小顔を演出できます。

(4)涙袋

涙袋を描くのも、カワイイメイクの鉄板ですよね。涙袋があると目元に立体感が出て、やわらかい印象を演出してくれます。

描き方は簡単で、ファンデーションよりも明るめのベージュのアイシャドウを目の下につけ、その下にちょっと暗めのアイブロウペンシルを引くだけ。誰でも簡単に作れちゃいます。

(5)ぷっくり唇

女優の石原さとみさんに代表される代表格のぷっくり唇。これもメイクで簡単に作ることができます。

大事なのは、コンシーラーで最初に唇の形を整えること。これだけで唇が際立ちます。次にリップペンシルで輪郭を描き、口紅やグロスで塗りつぶしていきます。中央部分に照りを入れたりして、高い部分を明るくすると立体感につながり、よりぷっくりして見えます。

(6)二重

「カワイイを演出するのは、パッチリ二重」ということで、一重や奥二重の人は、二重まぶた専用のりやテープを駆使する人も多いでしょう。もともとの二重ラインの幅を変えたりも自由自在です。

最近は二重ラインをはっきりとさせてくれるコスメもあります。ラインに線を描き足すことで影をつくって二重を深く見せる仕組みです。よりパッチリ二重を目指す人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

3:雰囲気カワイイも作れる!カワイイ仕草や表情4つ

雰囲気イケメンがいるなら、雰囲気カワイイも作れる! ここからはカワイイと思われる仕草や表情をご紹介します。

(1)笑顔

やっぱりカワイイにいちばん大事なのは笑顔。いつもむすっとしている人より、ニコニコしている人のほうが親近感もわきますよね。

「いつも笑顔でいる子は、容姿関係なくカワイイと思える。話しかけやすいし印象がいい」(Tさん・28歳男性/メーカー)

(2)いじけた顔

「口をとがらせて怒ってる子ってカワイく見える。同じいじけるでもぶすっとされるのとは大違い」(Eさん・29歳男性/観光業)

小悪魔的ないじけた顔も、男性には人気。思わずかまってあげたくなっちゃうようです。

(3)上目づかい

あざといとも言われて、賛否両論ある上目づかいですが、とはいえ男性は上目づかいが好きな人が多いようです。

甘えられているように感じるようで、ついついカワイイと思ってしまうそう。

(4)ボディタッチ

「あからさまなのは無理だけど、さりげなくボディタッチされるのに男は弱いかなぁ。特に手を触られると、好きじゃなくてもドキッとして意識してしまう」(Dさん・30歳男性/コンサルティング)

男はボディタッチに弱いとよくいいます。あざといと感じつつも、やっぱりカワイイと思ってしまうのでしょう。

 

4:まとめ

CMのキャッチフレーズのとおり、見た目や仕草で、カワイイは簡単に作れるんです。自分磨きってめんどくさいと思ったり、大変だと思ったりしがちですが、意外と簡単で楽しいもの。

ぜひ今回ご紹介したポイントを参考にしてみてくださいね。