合コンで使える英語まとめ!外国人との合コンやお見合いで使える英語

日本では合コンも恋人を見つけるひとつの方法ですが、外国人の場合はどうなのでしょう。また外国人と知り合ったとしても、何も話せないのでは困りますよね。そこで今回は、海外生活が長い筆者が、外国人との出会いの場について解説したのちに、出会いの場で使える英語のフレーズなどもあわせてご紹介します。
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:合コンはコンパで通じる?飲み会とは異なる意味あいを英語でどう伝える?

そもそも外国では、出会いを求める同じ人数の男女が集まり、向かい合わせに席に座り、ひとりずつ自己紹介をして、最後には連絡先を交換……といった、いわゆる「合コン」は存在しないと言ってもいいでしょう。

一方でよくあるのが、「Blind date(ブラインド・デート)」という出会い方。友達から紹介を受けたり、アプリなどで知り合ったりした初対面のふたりが、とりあえずデートしてみるというもので、これは大変ポピュラーです。

また合コンのように複数の独身男女が集まるパーティを「Singles party(シングル・パーティ)」と呼ぶことがあります。ただ独身に限らず、多くの人が参加できるホームパーティのほうがより一般的ですし、素敵な人が参加していることも多いもの。

また、アートギャラリーや新規オープンのレストランなどで開かれるレセプションパーティなども、出会いの場として人気です。

 

2:幹事は英語でなんて言う?合コンでよく使う言葉を英語に変換!

そんな海外の出会い事情をふまえつつ、ここからは実践編です。もし日本で、外国人と合コン……、もしくはそれに近い出会いの場が設けられたときに、気の利いた英語のフレーズや表現を知っておけば、より自信を持てますよね。そこで、合コンでよく使う言葉を、英語に変換していきましょう。

ちなみに合コンの幹事は、合コン自体が存在しないので、ズバリの表現はないですが、普通に「organizer」といったり、仕切るの意味の「in charge」をつかって、「I’m in charge of this party.(今日は私が幹事なの)」といったりします。

(1)Hi. How are you?(気分はどうですか?)

とにかくいつでも使えるこの言葉。目が合ったらとりあえず言ってみましょう。

外国人の場合、こっちから話しかけたといって「がっついてる」などと思われることはありません。むしろフレンドリーで、オープンマインドな人だといういい印象を与えます。

(2)Like it?(これおいしい?/これ好き?)

もし素敵な誰かがシャンパングラスを手にしていたりおいしそうなオードブルを手に取ったら、それが会話を始めるチャンスです。

気軽に「Like it?」と聞くことで、相手と会話を始めるきっかけをつくることができます。また、相手の答えを聞いて、自分も同じものを試してみたりすることで、さらにパーティを楽しむことができるでしょう。

またかかっている音楽が好きな曲だったり、知らないけど印象的な曲だなと思ったときも同じく「Like it?」で、相手の意見を聞いてみることができます。

(3)I know you from somewhere…(あなたとどこかであったような気が…)

もし、以前どこかで会った気がする人がいたら……いや、なかったとしても好みの誰かと会話のきっかけをつくりたかったら、こんな言葉も使えるでしょう。

「いやいや、全然あったことないし。っていうか、俺に気があるのかな?」

と思われるかもしれません。ですが、出会いの場では気があると思われておいて損はありません。

もしこの出会いの場が海外なら、

「I’ve just moved here from Tokyo. Have you ever lived in Japan?」(私は東京から引っ越してきたばかりなんだけど、日本に住んでいたことある?)

などといって、さりげなく自分の紹介をしてしまうのもアリですね。

(4)Where did you grow up?(どこから来たの?/どこで育ったの?)

相手の国籍がわからないときなどに使えるフレーズです。特にアジア系に見える外国人などは「Where are you from?」(どこから来たの?)と聞きにくかったりします。

「どこで育ったの?」ならば誰に対しても失礼なく聞けるフレーズ。またそれなりに会話のきっかけになり、話が膨らみやすいトピックです。

(5)What do you do?(お仕事は何ですか?)

自然な形で話が進んだら、仕事を聞いてみるものいいでしょう。その前の話の中で相手の言った言葉から、相手の仕事を推測してみたりするのもおすすめです。

「You know arts very well. Are you an artist or something?」(あなたアートに詳しいね。アーティストか何か?)

などと聞いてみると、たとえ本当はアーティストじゃなかったとしても、その後の話が盛り上がるでしょう。

 

3:合コン以外にも!お見合や婚活で使える英語フレーズ5つ

続いては、合コンに限らず、お見合や婚活などのシチュエーションで使える英語のフレーズをご紹介していきます。

(1)What do you like to do on your day off?(休みの日は何をして過ごすのが好きですか?)

相手を知るうえで欠かせない質問がコレ。お互いをあまり知らないうちから、相手の仕事など、スペックに関することを根掘り葉掘り聞いてしまうと、相手から警戒されてしまいがち。ですが、休みの日の過ごし方を聞くのは、基本的に誰からも歓迎される質問です。

また、この質問から相手の好みだけでなく、経済状況や人間性まで推し量ることだって可能です。

例えば、「I play video games all day.」という答えが返ってきた、自分がアウトドア派だったら、その時点で「ちょっと気が合わないかも……」とジャッジすることもできます。

(2)Do you like working out? Cuz you are so fit…(あなた体を鍛えるの好き?だってとっても体が引き締まってるから)

明らかにいい体をしている男性には、この言葉がとても効果的。体を鍛えるのが好きな男性は、体を褒められるのが大好きだからです。

また仮に、

「Nah, I actually don’t like to exercise at all. You?」(いやー、僕は全然エクササイズしないんだよね。君は?)

なんて言われた場合は、自分が好きなエクササイズについて話し、「一緒に行く?」なんて誘ってみるのもいいでしょう。

(3)Hmmm, You must’ve had a Japanese girlfriend before. (さてはあなた、日本人と付き合ってたでしょ?)

日本の女性についてやたら詳しかったり、女性が使うような日本語のフレーズを知っている外国人に出会ったら、このフレーズを使いましょう。日本人女性に興味を持つ外国人は、過去にも日本人と付き合っていたという人が多いものですし、モテるでしょと同じ意味で、男性としてはそういう対象に見られる可能性があると感じるものです。

しかし、日本人好きな外国人の中には、とりあえずやりたいだけという輩が存在するのも事実。十分気を付けて仲を深めていって下さいね。

 

4:パーティではひとりでいるのも大切

日本でいう合コンのように、決まった席に座って基本的にその近くの人と話すといったパーティは、海外ではあまり見かけません。

そのため、パーティに行くときに、どうしても誰か知り合いと一緒にいないと落ち着かない、という声もよく聞きます。ですが、見知らぬ誰かと知り合いたいのならひとりでいることも大切です。

ひとりでいるときこそ、相手もチャンスとばかりに話しかけようと思うもの。外国人との出会いの場で、それがパーティ形式だった場合、気まずさを出さずにひとりでいる瞬間を持つようにしてみるのもおすすめですよ。