平熱とは…測り方は?平熱が低い理由を平熱が高いことのメリットとデメリット

平熱というものは、人によって差がありますよね。だいたい何度くらいというのは、自分で把握していることでしょう。平熱は低い人と高い人がいますし、それがどんな原因で違いが出るのか、高いのと低いのでメリットやデメリットはあるのかなど、気になることもいっぱい。そこで今回は、平熱についてのさまざまな調査をしてみました!
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:平熱の測り方や調べ方は?平熱に関する基礎知識

 平熱やその測り方について、一般的な知識はあると思いますが、まずはあらためて見直してみましょう。看護師でありながら、ライターとして女性の健康に関する有益な情報発信をおこなっている大木アンヌさんに、お話をうかがいました。

(1)平熱とは?

大木:平熱とは、人が健康な状態で測ったときの体温のことです。体に異変を感じたときには、体温を測りますよね。そのときは、平熱を基準にして、測った体温と比較し、いま自分がどういう状態なのか、発熱しているのかなどを知ることができます。

(2)平熱の測り方

大木:平熱を測るためには、まず体が健康な状態であることが前提です。そのうえで、体温計を使って測ります。

体温も、体の部位によって温度に差が出ます。耳や口などで計測する場合もありますが、一般的には脇の下ですよね。脇の下の中央のくぼみに体温計を差し込みます。

注意点としては、測り終わるまで姿勢を動かさないように、キープすることでしょう。

(3)何度なの?女性&男性の平均的な平熱とは?

大木:平均的な平熱は、50年ほど前は36.5~37度くらいとされていましたが、最近はそれよりも下がってきているようです。そこには、環境の変化による筋肉量の差などが関係していると言われています。

筋肉量が多いほうが基礎代謝も高く、体内で生み出される熱量も多くなり、結果として平熱が高くなります。こういったところから、筋肉の多い男性のほうが、女性よりも平熱が高くなる傾向があります。

(4)平熱から何度上がったら熱がある状態なの?

大木:医学的には37.5度以上に達すると「発熱」と定義されます。しかし、前述のとおり、人にはそれぞれ平熱というものがあるため、一概に、この温度だと熱がある状態だとは言えません。

平熱の低い人にとってはかなり熱が上がっているのでキツい状態ですが、普段から平熱の高いにとって人は、さほどダメージを感じないという場合もあります。目安として考えておくのがいいのではないでしょうか。

(5)平熱が34度台の人も…

大木:平熱が高い人のほうが免疫力が高く、病気になりにくいと言われていましたが、最近ではあまりそういった考え方はされなくなりました。やはり、各自の平熱を基準にして、高いときと低いときで、体の状態の変化を見るのが相応しいでしょう。

ですから、平熱が35度台であったとしても、必ずしも免疫力が低いというわけではありません。まれに平熱が34度台という人もいますが、これはさすがに低すぎて、血圧などにも影響が出ると考えられるので、改善を図るべきでしょう。

 

2:微熱でも熱発に…平熱が低い人の原因と悩み5つ

平熱が低くても、病気になりやすいというわけではないようですが、別のところに悩みが生じることもあるようです。平熱が低いことを自覚している人に、お話を聞いてみました。

(1)体を気遣ってもらえない

「友だちの家にみんなで遊びに行ったときでした。ちょっと風邪っぽかったので、別の部屋で休ませてもらっていたんです。

“一応、熱を測ってみたら?”と言われて、体温計を渡されたんです。測ってみると、36.6度。“なんだ平熱じゃん!”とみんなから言われ、それから横になっているのが忍びなくなって……。私の平熱は35.5度なので、けっこうキツかったんですけど……」(Kさん・28歳女性)

(2)冷え性に悩まされ

「私は平熱が低いせいか、ひどい冷え性に悩まされています。夏でも、エアコンを使わなくていいほど。会社でエアコンを切るわけにはいかないので、しかたなく上着を着て寒さをしのいでいます。

周囲の人は、そんな私に対して気を遣ってしまうようで、煙たがられているようです……」(Tさん・31歳女性)

(3)「運動しろ」と責められる

「太っている人って、暑がりで、平熱も高いイメージじゃないですか? でも、僕の場合、代謝が悪くて太っているので、むしろ人より平熱が低いんですよ。

みんなが集まったときにそういう話をすると、すごく驚かれます。そして、“運動すれば代謝が上がるはずだ”と責められる。まあ詰まるところ、ダイエットしろってことなんでしょうね」(Jさん・31歳男性)

(4)気分が落ち込みやすい

「自分の平熱が低いことに気がついたのが最近なんですよね。以来、しょっちゅう体温を測るようになりました。

ちょっと熱っぽいかな……というときに測って、37度とか出てると、そんなにたいしたことはないはずなのに、不思議と落ち込んでしまうんですよね。測らなきゃいいんだけど、どうしても気になってしまって……」(Mさん・27歳男性)

(5)嫌いなものを食べさせられる

「私は小さいころから平熱が低く、親が心配していました。“きっと血行が悪いからだ”と言われ、レバーを食べさせてくるんです。私はレバーのにおいがダメで、本当に嫌でした。

今でもそのイメージが残っているのか、実家に帰るとレバーが出てくるんです。そのせいで、あまり帰りたくありません」(Iさん・33歳女性)

 

3:平熱が37℃は高い?平熱が高い人のメリット3つ

では、平熱が高い人はどうなのでしょう。話を聞いてみると、平熱が高いことでメリットを感じているようです。どんなメリットがあるのでしょうか。

(1)甘えられる

「僕は平熱が高くて、37度近くあります。なので、37.5度くらいなら、さほど体に影響はありません。それでも、体温計で測ったときの表示を見せると、お医者さんとか家族が心配してくれるじゃないですか。

それを利用して、彼女がいるときなんかはちょっと熱っぽいふりで、甘えたりしますね」(Fさん・30歳男性)

(2)異性が寄ってくる

「平熱が高いせいなのか、すごく暑がりなんですよね。だから夏は大変なのですが、冬はあんまり寒くなくて、薄着でも平気なほど。それを見て、女子がうらやましがるんですよね。

で、手とか握ってくることも。“あったか~い”なんて驚かれます。そうやって女子が暖を取りに寄ってくるので、ちょっとだけ幸せです」(Rさん・33歳男性)

(3)多少の熱では動じない

「私は女性にしては珍しく、平熱が高めで、36度台後半くらいです。この間、熱っぽいと思って測ってみたら38度ありました。でも、なんとか体は動くので会社に行ったんですね。

お昼休みにその話をしたら、男性社員がビックリしてました。“女子はちょっと体調が悪いと休みがちなのに……”と言われて。体のたくましさで、社内での評価が上がりました」(Eさん・28歳女性)

 

4:自分を守るのは自分

自分の体の状態は、専門家でもない限り、他人にはわかりにくいもの。だからこそ、平熱を知ったうえで、体調を自分で把握し、管理していくしかありません。

自分を守るのは、ほかならぬ自分。体温計で測ったときにたいした熱がなかったとしても、体がキツいと思ったら、胸を張って休みを取りましょう!

 

【取材協力】

大木アンヌ・・・ルーマニア人ハーフの看護師。家庭や恋人同士で使える簡単な医療の知識を少しでも伝えていくため、ライターとしても活動中。