結婚15年で夫婦はどうなる?結婚15年目に贈りたいプレゼントと15年目の離婚

結婚15年といえば、もう夫婦としてはベテランの域。これまでさまざまなことをふたりで乗り越えてきたと思います。そこで今回は、そんな結婚15年目の夫婦を特集! 15年目に贈りたいおすすめプレゼントから、15年目夫婦のあるあるエピソード、さらに、15年を過ぎてからの離婚理由までご紹介します。
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:結婚15年目は何婚式?

結婚25年目を「銀婚式」、50年目を「金婚式」と呼ぶことをご存じの方も多いでしょう。では結婚15年目の呼び方はあるのでしょうか?

結婚15年目には「水晶式」という呼び名があります。無色透明な水晶が、曇りのない夫婦の信頼を表しているそうですよ。

 

2:指輪を贈る夫婦も…結婚15年目に贈りたいプレゼント5選

結婚生活の節目にプレゼントを贈るという人も多いのではないでしょうか。そこで、結婚15年目におすすめのプレゼントをご紹介します。

(1)アクセサリー

「水晶式」の名称にちなんで、水晶のアイテムを贈るのは、結婚15年目の定番プレゼント。水晶のネックレスやリング、ピアスなどのアクセサリーは普段から身につけやすく、贈り物にも最適です。

また、男性に贈る場合は、クリスタルを施した時計などもいいかもしれません。

(2)クリスタルのグラス

ふたりで一緒に使っていけるアイテムとして、クリスタルのペアグラスを選ぶのもすてきですね。普段使いはせずに、記念日など特別なときに使うのがいいでしょう。使うたびに、今の幸せを噛みしめられそうそうです。

(3)花束

定番ですが、花束に憧れる女性は多いもの。お約束ともいえるバラ15本というのも素敵ですが、パートナーの好きな花を15本選んで花束にしてみたり、水晶になぞらえて、白一色の花束にしたりするのも素敵です。

(4)旅行

結婚の節目となる5年ごとに、旅行に行くという夫婦も多いようです。15年という重みにふさわしいような、少しグレードの高い旅にすれば、さらに20周年、25周年も楽しみになりますね。

(5)結婚式を挙げた場所へ行く

プレゼントとは言えないかもしれませんが、結婚式を行なった式場や2次会会場など、結婚式の思い出が詰まった場所に行くプランはいかがでしょうか。例えばレストランウエディングならばそのレストランに、ホテルであれば、ちょっとリッチにスイートに1泊するなど……。もちろん、新婚旅行の場所を訪れるのもおすすめです。

結婚当初の記憶を思い出すために、こうした節目のタイミングで思い出の場所を訪れるのもいいかもしれません。

 

3:結婚15年の夫婦生活あるある3つ

結婚15年以上の夫婦に、長く結婚生活を続けていると起こる「あるあるエピソード」を聞いてみました

(1)「同じこと言おうと思ってた!」がよくある

「テレビを見ているときに、ほんの些細なことを妻に言うと、“私も、今まったく同じことを言おうとしてた!”と言われることがよくあります。

若いころはそんなことなかった気がするので、やっぱり夫婦って似てくるのかなぁ……」(59歳男性/自営業)

(2)トイレのタイミングが同じ

「トイレに行こうと思ったら、ちょうど妻が入っていた。逆に自分がトイレにいたら、妻もしょっちゅうトイレに行こうする……なんていうことがよくあります。生活リズムが似るのでしょうか。特に良いことでもありませんが(笑)」(40歳男性/会社員)

(3)一度離婚の危機を迎えている

「同じくらいの結婚歴の人に聞くと、一度はガチの離婚危機を迎えている人が多いです。単純なケンカや軽い不仲ではなくて、本当にあと一歩で離婚届にハンコを押す、くらいのリアルな離婚危機です(笑)。みんないろいろ乗り越えてきているんですね」(41歳女性/パート)

 

4:結婚15年で何が…15年を過ぎてから離婚する理由3つ

結婚15年ってかなり長いもの。15年も結婚生活を続けてこれたのであれば、今更離婚することなんてないのでは……と思う人も多いでしょう。しかし、このタイミングで離婚を選択することもあるようです。その理由をご紹介します。

(1)子どもの手が離れた

ずっと前から夫婦仲はとっくに冷めきっていたけれど、子どもが小さいうちは離婚しないと決めている夫婦も。15年ともなれば、子どももある程度大きくなって、手が離れたころ。そこで自分の人生を見つめ直し、「離婚」を決断するケースもあります。

(2)やっと決心がついた

離婚したいと望んでいても、なかなか実行できないという人も多いです。離婚とは、今の生活がガラッと変わってしまうわけですから、人生を変えると言ってもいいほどの大きな出来事ですよね。長年悩み続け、15年を超えてからやっと決断できたという人も。

「こんなに頑張ったんだからもういいよね」と自分を解放してあげる気になったという人もいるようです。

(3)パートナーとの関係が変化した

15年という長い月日の中で、パートナーとの関係が変わっていくのは仕方がないこと。しかし、一方がいつまでも恋人のような関係でいたいのに、もう一方が恋人としては見れず家族愛を抱いている場合など、それぞれの思いが一致しないことも。そのような場合、この先、長く暮らしていくのは難しいと考えるようです。

 

5:夫婦力が試される15年目

一説には、「結婚15年目は夫婦の危機を迎えやすい時期」とも言われています。実際に、おしどり夫婦と呼ばれた芸能人夫婦でも、結婚15年前後で離婚したケースがよくあります。

子ども、お金の問題、健康など、何かと問題も降りかかりやすい15年目。どう乗り越えるかが、夫婦力の見せどころと言えるのかもしれませんね。